お食い初め、必要なもの

お食い初め、離乳食に使える食器

トップページ » お食い初めに必要なもの

お食い初めに必要なもの

お食い初めには食器の他に一体どんなものが必要なのかまとめています。これからお食い初めをされる方、参考にしてください。

お食い初め、ミニ知識【目次】

お食い初めに必要なものまとめ

さて、いよいよお食い初め!
一般的に行われているお食い初めの献立(用意するもの)について、詳しくご紹介したいと思います。

まず、初めてのお祝い事なので、新しい食器をそろえます。

ちなみに正式な食器は、男の子は朱塗りの膳、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りの膳の器が基本とされています。
ただ、最近はあまり重要視しない傾向にありますね。
1回限りのことなので、お食い初めだけに限定せず、後々まで使える食器を選ぶ方の方が圧倒的に多いです。

後はお正月や婚礼などの晴れの日に欠かせない「祝い箸」。
日本では縁起がいいとされている「末広がりの八寸」の長さのお箸で、 柳の木で作られて、両端が細くなるように丸く削られているのが特徴です。

後、丈夫な歯を祝うのに「歯固めの石」と呼ばれる小石を用意します。
お宮参りでご祈祷を行った際に、祝い箸と一緒に小石も授かる場合もあるようですね。
なければ、地元の氏神様の境内から小石を拾ってお借りします。
どちらの場合も、お食い初めが終えた後に元の場所にお返します。

献立に関してはまず、ご飯(穀物)、汁物、おかず3品の「一汁三菜」が基本。
穀物、山のもの、海のものを取り入れるようにします。
これらの食材は全て、生きてゆくために必要な食材なんです。
穀物、山のもの、海のもの、飲み物、塩を与える意味が込められているそうですよ。
ご飯は「赤飯」を用意するのが一般的。
ですが、季節によって栗ごはんや豆ごはんなどを用意することもあるそうです。
汁物は"良いご縁に恵まれるよう"「蛤(はまぐり)のお吸い物」や、鯛や鯉の入ったもの、腰が曲がる=長寿の意味を込めてエビが入れられることも。
おかずは「野菜の煮物」「紅白なます(蛸を添える(歯がため石同様、歯並びがよくなるように))」そして、"しわが出来るくらい長生きできるよう"という意味を込めて「梅干し(漬物)」を用意します。

おめでたい儀式のお食い初めには、これらに加え、 「尾頭付の鯛(地域によりホウボウ科の金頭を用いることも)」「歯がため石」そして「柳箸」を揃えます。

ページのトップへ


Copyright(c) 2017 お食い初め 食器、離乳食にも使える食器.All Rights Reserved.