離乳食の進め方、初期

お食い初め、離乳食に使える食器

トップページ » 初期の離乳食の進め方

初期の離乳食の進め方

ここでは、初期(生後5~6ヶ月頃)の離乳食の進め方について調べ、まとめてご紹介します。初期の離乳食の進め方が分からない方は参考にしてください。

離乳食をはじめる時期【目次】

初期(生後5~6ヶ月頃)の離乳食の進め方について

さぁ!いよいよ離乳食開始!!
と思っても、まずどうやって進めればいいのか。。。
今日は「離乳食のすすめ方」についてご紹介したいと思います。

まず、
離乳食開始の生後5~6ヶ月を「初期(ゴックン期)」
生後7~8ヶ月の頃の離乳食を「中期(モグモグ期)」
生後9~11ヶ月の頃の離乳食を「後期(カミカミ期)」
そして
生後12~15ヶ月の頃を「完了期(パクパク期)」
以降幼児食へ‥と、4つの段階で進めるのが一般的。

それぞれの段階で、食べ物の固さや食べ物内容、量、1日あたりの離乳食の回数など 違いがありますので、その都度確認して進めていきます。

まず、
初期、離乳食の1日の回数は1日1回、
まずはひとさじずつ様子を見てすすめていきます。
母乳やミルクは今まで通り、赤ちゃんが欲しいときに与えて大丈夫!
固さは粒が残らないトロっとした状態にすり潰します。
まずはおかゆから、徐々にすり潰した野菜や豆腐なども加えて行きます。参考にしてください。

ページのトップへ


Copyright(c) 2017 お食い初め 食器、離乳食にも使える食器.All Rights Reserved.