お食い初め、離乳食に使える食器

トップページ » 離乳食の進め方、中期

中期の離乳食の進め方について

ここでは、中期(生後7~8ヶ月頃)の離乳食の進め方について調べ、まとめてご紹介します。中期の離乳食の進め方が分からない方は参考にしてください。

中期の離乳食の進め方【目次】

中期の離乳食の進め方について

「初期(ゴックン期)」を過ぎて、離乳食開始後約1ヶ月、いよいよ
生後7~8ヶ月の頃の離乳食「中期(モグモグ期)」へ。

まず、「中期」の離乳食の回数は1日2回。
午前中に1回、午後に1回、大体の授乳時間を目安に
母乳やミルクをあげる前に食べさせます。
赤ちゃんのリズムを整えるためにも、
毎日決まった時間に食べさせることができるようにすることが大切。
離乳食の固さは、赤ちゃんの舌でつぶせる固さ。
絹ごし豆腐やプリンくらいの固さが目安。
初期のトロトロ状態ではなく、舌で潰せる程度の小さな塊も残すようにします。
おかゆは7倍がゆから5倍がゆ、白身魚や鶏肉(10~15g)、卵黄などを与えます。参考にしてください。



Copyright(c) 2017 お食い初め 食器、離乳食にも使える食器.All Rights Reserved.