お食い初め、離乳食に使える食器

トップページ » 離乳食の進め方、後期

後期の離乳食の進め方について

ここでは、後期(生後9~11ヶ月頃)の離乳食の進め方について調べ、まとめてご紹介します。後期の離乳食の進め方が分からない方は参考にしてください。

後期の離乳食の進め方【目次】

後期の離乳食の進め方について

「初期(ゴックン期)」「中期(モグモグ期)」を過ぎて、いよいよ
生後9~11ヶ月の頃の離乳食「後期(カミカミ期)」へ。

まず、「後期」の離乳食の回数は1日3回。
1回目、2回目、3回目、それぞれの時間の間隔を3~4時間あけるようにし、
できるだけ朝・昼・夜の時間にあわせるようにしていきます。
これでいよいよみんなの食事間隔に近づきますよ!
少し気持ちに余裕があれば、パパママ、家族みんなが揃って楽しいお食事タイムになるよう、工夫するのも楽しいかも。
赤ちゃんにとってこれから、朝・昼・夜の規則正い生活のための基礎となるので、 毎日決まった時間に食べさせるようにします。

離乳食の回数は3回になりますが、まだ離乳食だけでは完全に必要な栄養を補いきれない時期なので、 必要に応じて、フォローアップ用のミルクを飲ませてあげてくださいね!

腰がしっかりとし、赤ちゃん1人で座れる時期なので、ベビーチェアやベビーラックなどに座らせてあげるといいですね。

また、赤ちゃんが手づかみ食べする時期でもありますので、スティック状のものなど、赤ちゃんが手で握りやすいおかずを用意してあげるといいですよ。

手づかみ食べがはじまると、こぼさずにキレイに食べる赤ちゃんの方が珍しい!
派手にこぼしちゃったり、口の周りがドロドロ‥なんてことは日常茶飯事ですが、
なるべくイライラせず、ママ自身のストレスになってしまわないように、お手入れの楽なビニール素材のお食事スタイをつけたり、床まわりに新聞紙をひいたりなど、ママが楽に始末できるよう工夫するといいですよ。



Copyright(c) 2017 お食い初め 食器、離乳食にも使える食器.All Rights Reserved.